債務整理にかかる費用を安くする

借金整理をするにあたって任意整理をする方法が最初の債務整理として検討されることが多く、これにより借金の整理をすることができる場合はブラックリストに掲載される以外のペナルティがないのも特徴です。

任意整理にかかる費用を少しでも安くするための方法としてあるのが比較することで、任意整理に対応している法律事務所は全国各地にたくさんあるものの、設定されている金額についても事務所によって大きく異なります。

もちろん費用が高いということは付加価値などがあることによって高くなっていることもあるので一概には言えないのです。安い費用で任意整理をしたい場合はできるだけ比較することが肝要です。

一件当たりの費用についてはかかっても5万円程度までになっていることも多いです。

借金問題であると言うことを考えると一円でも安い方が良いというのも気持ちとしてあるため時間の許す限りは安い方法で借金整理をするようにしましょう。

もし相談をして任意整理をしてもらうようになった場合にお金をすぐに支払うことができないという状態になる事も想定されますが、このような場合は分割対応しているところもあるので少ない返済をベースに完済を目指すという方法もあります。

任意整理費用が安いランキング

特定調停や自己破産とのライン

任意整理の費用は債務整理の中で見ると安い金額になっており、これは任意整理で借金整理を進めていく場合は裁判が不要となっていることも理由の一つとしてあり、債務整理をするのであればできれば任意整理をベースに考えたいものです。

しかし任意整理は借金を減らしてから借金整理をするという性質のものではなく、あくまでも現状の借金は維持したままで返済のスケジュールを見直していくことなどが中心になっているので収入がない場合だと厳しい面があります。

任意整理の費用が安いのは手続きが複雑ではないことなども理由としてありますが、この方法で借金の整理をすることができない場合は特定調停や個人再生、自己破産などの方法で借金整理をすることになります。

特定調停や個人再生による借金整理は借金の一部を減らすものの、それでも完済をすることが目的になっているのでブラックリストに名前が入っても財産が没収されるようなペナルティについてはありません。

一方で自己破産になると借金をリセットすることが目的になっている借金整理になるので抱えている借金が無くなる一方で、所有している財産が没収されてしまうことや仕事に制限が出てくることになるので注意が必要です。

無料相談に要注意

借金を抱えている場合に返済が困難な状態になっている場合は借金整理をすることをおすすめしますが、借金整理をすることによって借金問題に対しての悩みも軽減されることになるので気持ちの負担も小さくなります。

収入があって借金の返済スケジュールを見直すことで完済を目指すことが出来る範囲の借金であれば任意整理による借金整理がおすすめで、任意整理であればかかってくる負担も小さいのが特徴です。

また債務整理の中では任意整理は費用が安いのでかかる金銭的な負担についても小さくなっています。

まずは対応している法律事務所などで無料相談を利用して借金の状況についての説明をしてアドバイスをもらうようにしましょう。

無料相談をする場合の注意点としてはなるべく簡潔に借金の状態を説明することで、本来であれば法律の専門家に対しての相談と言うのは有料になっているので無料ということはそれだけコストがかかるということになります。

また無料相談の利用をして相談をしようと考えている場合はそのまま任意整理の依頼をする可能性があるということも踏まえて探していくことも大切で、相談をしたところで依頼をする方が流れも分かっているのでスムーズに相談できることが多くなります。